ホーム>重炭酸について>重炭酸温浴法と重炭酸シャワー

重炭酸温浴法と重炭酸シャワー

重炭酸温浴法

重炭酸イオンが溶け込み、36℃~38℃のぬるめのお湯に15分以上入浴することを重炭酸温浴法といいます。

重炭酸温浴法を行った下図を見ると、入浴直後から血流量が上昇しているのがわかります。10分を過ぎたあたりからピークを維持し、出浴するとゆるやかに血流量が落ち着いていきます。

このように湯温38℃で15分以上、入浴した場合、真水湯による血流アップよりも、重炭酸温浴法はその数倍にも上る血流アップが可能となっています。当然、血流が上がれば代謝・体温・免疫が上がりますので、入浴の温浴効果・清浄効果を高めることになります。

20166159565.jpg

重炭酸シャワー

重炭酸イオンが溶けたお湯でシャワー洗浄することを言います。

美容院で人気の「炭酸ヘッドスパ」をイメージしていただくと分かりやすいはずです。

毛穴・毛根まわりに詰まったミネラル皮脂汚れと、それが酸化して発生するニオイを元から洗浄し、マイナスイオンが肌・髪の表面をきれいにコーティングするのでハリや弾力が甦ります。

20166211830.JPG

毛穴まわりが詰まっている状態

201662118349.JPG

きれいな頭皮の状態